旅行記「2017宮古島」②準備編

cafe_nomad_man.png



■ホテルをどこにするか

<条件>
・2歳の子供連れ、ということもあり、ホテル内にプールがあるところがいい。
・子供連れでも問題がないところがいい。
・めったにない長期休暇なので、安っぽいホテルは避けたい。


ネットで、人気ランキングを見てみると、
見るサイトによって順位に違いはあるけど、この3つの評価が高い。


①東急ホテル&リゾーツ
②シギラベイサイドスイート アラマンダ
③ホテルブリーズベイマリーナ


①の「東急ホテル&リゾーツ」は、
東洋一とも称される絶景の与那覇前浜ビーチの目の前にあるというのが最大のメリット。
サービスも完璧らしい。
ただ、高い!!!

②の「シギラベイサイドスイート アラマンダ」は、
評価がめっちゃ高いのだが、完全にオトナ向けみたい。
子供はお断り感がすごい。
そもそも、高いし、無理!!

③の「ホテルブリーズベイマリーナ」は、
ファミリー向けで、それなりに評価も高いし、プールもあるし、
3つの中では値段も抑えめ。
ここしかない!!!

ちなみに、②も③も、「シギラグループ」なるところが経営しているらしく、
他にもホテルをいっぱい所有しているらしい。
何者なんだ・・・。トランプさんみたいなもんか。



■どうやって行くか

宮古島への直行便は、これしかなかった。(今は知らないけど)

関空 ANA NH1749 07:45~10:00

7:45発ってことは、何時に関空に着いていないといけないのか!?
小さい子供連れだし、バタバタすることが多いので、念のために7:00には着いておきたい。

7:00に関空って、無理じゃね!?

JRで行くとして、嵯峨嵐山駅の始発に乗って、はるかに乗り換えても7時到着は無理やで!!
しかも、うちの子をそんなに早くに起こして電車乗り換えたり、無理やろ。

最悪、関空近辺に前泊か?

いや、良い案があるではないか!!

MKかヤサカの乗り合いタクシーを使おう!
これなら、家まで迎えに来てくれて、関空まで連れてってくれるし!
朝は早いけど、子供は寝かしたままで、そっと抱っこしてタクシーに乗せてしまおう!

MKかヤサカ、
どっちでもいいんだけど、
関空に7:00に到着可能なのは、MKだけだった。(これも今は知らんけど)

というわけで、MKにお願いすることにしました。


■旅のしおりの作成

4泊5日で行くので、
それぞれの日に、どこに行くのか、旅のしおりを作成。
お昼ご飯、夜ご飯も、食べログの点数が高いところからチョイス!

※実際に行った店は、次回以降に。

旅のしおりは、作っておいて本当に良かった!
宮古島は小さい島だと思いきや、観光スポットがちらばってるんで、
行き当たりばったりで行きたいポイントに行ってたら、時間をロスしまくって、
行きたいところに行けなくなってしまうかもしれない。

あんまり細かく作ると、がんじがらめになって、時間に追われて楽しくなくなるし、
ひとつ予定が狂うと全部無茶苦茶になってしまうので、
最低限、「朝・昼・夜」の3つに分けて、ざっくりと行きたい場所とお店を書き出すのがおすすめ。

あと、雨が降った場合の、室内で遊べる場所を探しておくのも重要。



■準備物

きれいな海で泳ぎまくる予定なので、
日焼け対策は万全にしておかないとやばそう。

上に着るラッシュガードはすでに持ってるけど、
下に履く、江頭2:50みたいなタイツもいるやろ!

ラッシュトレンカメンズ





海にはサンゴとか、ゴツゴツした岩場もあるらしいので、
マリンシューズは必須。




※結果的に、マリンシューズはMVP級に大活躍でした!!絶対必要!!!




きれいな海だし、水中でも撮影できるデジカメが欲しい!
ということで、防水のデジカメを買いました。

防水カメラ



※実際には、型落ちのやつを中古で買ったんだけどね・・。


色んな場所で撮影したいし、
三脚みたいなものが欲しい!
これ、自由にくねくね出来て、おもしろそうだったので買いました。

スマホやデジカメ用の、簡易な三脚




子供用の海対策も必要!
まずは、これ。

アンパンマン アームリング




まだ潜ったりできないので、
これがあれば海の様子を見てくれるかも。

水中をのぞくやつ




うちの子、車が好きで、ハンドルがあったら喜びそうなので、
この浮き輪みたいなやつをチョイス。

車タイプの浮き輪





こんなところでしょうか。


というわけで、いよいよ次回、宮古島初日です!
スポンサードリンク